ミラーレス一眼カメラで明日を撮る

写真撮影を趣味にしています。撮った画像やカメラの基本的な知識、おすすめのカメラ(主にミラーレス一眼)などをご紹介しています。

HUAWEI NOVA 5Tのカメラ性能をレビュー

HUAWEI NOVA 5T

私は現在、カメラ性能に定評があるHUAWEIのNOVA 5T(発売日:2019年11月29日)というスマホを使っています。今回は、そのカメラ性能をレビューしてみたいと思います。

HUAWEI NOVA 5Tのカメラの特徴

 

まず、HUAWEI NOVA 5Tの特徴をご紹介します。

 

クアッドカメラ

HUAWEI NOVA 5Tはクアッドカメラを搭載

クアッドカメラ、つまり4つのカメラを搭載しています。上から順に、超広角カメラ、広角カメラ、被写界深度測定カメラ、マクロカメラとなっています。

 

画素数:4,800万画素

 

HUAWEI NOVA 5Tは、最大で何と4,800万画素の写真を撮ることができます。同時期発売で人気のiPhone11のカメラで1,200万画素ですから、その4倍もの画素数を誇ります。

 

ちなみにインカメラでは最大3,200万画素となっています。それもすごいですね。もちろん、センサーサイズとのバランスも重要なので、画素数が多ければ良いとは単純には言えませんが、それがNOVA 5Tのカメラ性能の強みとなっているのは間違いありません。

 

センサーサイズ:1/2インチCMOSセンサー

 

ソニー製のフラッグシップセンサーを搭載しており、他社のスマホに比べて大型のイメージセンサーを採用しています。iPhone XS Maxよりも25%大きいとのことです。

 

最大ISO感度:102400

 

ISO感度は最大で102400まで上げられますので、光量が少ない暗い環境でも、鮮明な写真を撮影することができます。

 

超広角撮影からズーム撮影までできる

 

画面上で指をスライドさせるだけで、超広角撮影(0.7倍:35mmフィルム換算で17mm相当)からズーム撮影(光学2倍ズーム及びデジタル10倍ズーム)の切り替えができます。

HUAWEI NOVA 5Tのカメラでの超広角撮影

HUAWEI NOVA 5Tのカメラでの広角撮影

HUAWEI NOVA 5Tのカメラでのズーム撮影(光学2倍ズーム)

 

AIカメラ機能を搭載

 

22種類の被写体やシーンを自動認識して最適な撮影設定にしてくれるAIカメラの機能が搭載されており、初心者でもきれいな写真を撮ることができます。

 

いろいろなモードを楽しめる

 

ポートレートモード

ポートレートモードで撮影すれば、背景をぼかして被写体をくっきりさせることができ、手軽にプロのような写真を撮れます。

 

夜景モード

ブルックリン ブリッジ パークからマンハッタンの夜景をNOVA 5Tのカメラで撮影した

連続撮影した画像を合成することで暗い環境でもきれいな写真が撮れる夜景モードが使えます。ただし、シャッターボタンを押してから実際に撮影が終わるまで数秒がかかり、その間は手でしっかりカメラ(スマホ)を支えていないといけません。

 

スーパーマクロモード

HUAWEI NOVA 5Tのスーパーマクロモードで撮影
被写体に4cmの距離まで接近できます。

 

HUAWEI NOVA 5Tのカメラの良い点

 

私が個人的に思うHUAWEI NOVA 5Tのカメラ性能の良い点をご紹介します。

 

超広角撮影ができる

 

超広角撮影ができるので、ダイナミックな風景写真を撮れます。

HUAWEI NOVA5Tのカメラでの超広角撮影 (Times Square,タイムズスクエア)

 

AIカメラ機能が優秀

 

AIカメラ機能が優秀で、これをオンにしておけば、キレイな写真が撮れます。下記の画像の通り、風景写真も鮮やかに決まります。

HUAWEI NOVA 5Tのカメラで撮影した海の写真

 

ポートレートモードがおもしろい

 

ポートレートモードで手軽に背景をぼかした写真を撮れます。センサーサイズが大きな一眼レフやミラーレス一眼と比較するとどうしても不自然な仕上がりにはなりますが、それなりに撮影を楽しめます。

 

HUAWEI NOVA 5Tのカメラの悪い点

 

次に、私が個人的に思うHUAWEI NOVA 5Tのカメラ性能の悪い点をご紹介します。

 

セルフィー撮影の時に奥/手前がぼける

 

インカメラを使ったセルフィー撮影(自撮り撮影)で集合写真を撮ると、手前にいる人(写真を撮っている人)にピントを合わせると奥にいる人がぼけてしまいます。逆に、奥にいる人にピントを合わせると手前にいる人(写真を撮っている人)がぼけてしまいます。

 

被写体深度が浅すぎるからだと思いますが、インカメラを使っているときはF値を変更できないため、解決のしようがありません(少なくとも私は解決策がわかりません)。これは非常に不便です。もし、どなたかこの問題の解消法をご存じでしたらコメント欄を通して教えていただきたいです。

 

Shutterstockの審査に通らない

 

私はShutterstockというサイトで写真を販売しているのですが、このHUAWEI NOVA 5Tで撮影した風景写真を審査に出しても、なぜか不合格になってしまいます。10枚くらい審査に出したと思いますが、すべて却下されました。

 

審査が終わってからしばらく時間が経ってしまったので却下理由はもう確認できないのですが、私の記憶ではノイズがあるとかピントが合っていないとかでした。撮影機材の技術的な問題というようなことも理由に入っていたと思います。

 

でも、以前はHUAWEI NOVA 5Tよりもはるかにカメラ性能が劣るスマホで撮影した画像も審査に通過していました。もしかしたら、最近Shutterstockの審査基準が厳しくなったのかもしれません。

 

もしくは、HUAWEI NOVA 5Tのカメラですと風景写真などが非常に鮮やかに撮れるので、過剰なコントラストやシャープネスがあるということで不自然な画像と判断されたのかもしれません。

 

HUAWEI NOVA 5Tで撮った写真はShutterstockにたくさんアップロードしていこうと思っていたので、この点は残念です。この点も、もしどなたか解決法をご存じでしたらコメント欄を通して教えていただければ幸いです。

 

Amazon/ファーウェイ NOVA 5T

➡価格が徐々に下がっています。

記事の最終更新日:2020年7月6日